京都新聞社TOP 
京都新聞社のイベント
28件中、 1件~ 10件を表示 1 | 2 | 3 |

京都新聞社イベント

第74回 春の院展

説明 第74回春の院展を開催します。日本美術院同人作品をはじめ招待作品、入選作品合わせて約150点を展観します。

会期
5月29日(水)~6月3日(月)午前10時~午後8時(最終日午後5時閉場、入場は閉場30分前まで)

会場
京都高島屋グランドホール(7階)

主な出品作家
下田義寬、小山硬、福井爽人、伊藤髟耳、田渕俊夫ほか

入場料
一般800(600)円、高・大生600(400)円、中学生以下無料。かっこ内は前売りおよび団体(10人以上)。
前売り券は京都高島屋7階チケットカウンター、京都新聞1階文化センターで販売

主催
(公財)日本美術院、京都新聞
2019年05月21日 掲載

交流と実験 -新時代の<やきもの>をめざして-

説明 作陶に関わる人であれば、一度は訪れてみたい“聖地”信楽。
陶芸の森では世界の作家が創作活動を繰り広げてきました。
近年は海外の関係機関と連携した派遣プログラムを展開、海外での制作を望む国内の作家を支援しています。
本展では彼らの取り組みを作品と言葉を介して紹介し、国内外の作家が信楽で制作した作品も交えつつ、現代の<やきもの>をめぐる多様な展望を模索します。

会期
6月18日(火)~9月6日(金)午前9時30分~午後5時(入館は閉館30分前)月曜休館(7月15日、8月12日は開館、7月16日、8月13日休館)

会場
滋賀県立陶芸の森陶芸館(甲賀市信楽町勅旨)0748(83)0909

入場料
一般500(400)円、高大生380(300)円、中学生以下無料。
かっこ内は20人以上の団体

主催
滋賀県立陶芸の森、京都新聞

後援
滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局
2019年05月21日 掲載

第71回 全京都女子ソフトボール大会

説明 「第71回全京都女子ソフトボール大会」を開催します。今年も小学・中学・高校・レディースの4部門で行います。奮ってご参加ください。

日時
8月3日(土)、4日(日)。
予備日5日(月)、10日(土)、11日(日)

会場
京都府立丹波自然運動公園軟式野球場・球技場、蒲生野中学校、ひかり小学校

申し込み
申込用紙に必要事項を記入し、6月26日(水)までに京都府ソフトボール協会事務局(softball@r2.dion.ne.jp)へメール送信

問い合わせ
京都府ソフトボール協会075(692)3481

抽選会
7月13日(土)午前10時、京都新聞7階文化ホール
※要参加料(終了後開会式)

主催
京都府ソフトボール協会、京都新聞
2019年05月18日 掲載

第73回 全日本アマ将棋名人戦滋賀県選手権大会

説明 湖国アマチュア将棋界の名人位を決する第73回全日本アマチュア将棋名人戦滋賀県選手権大会、京都新聞杯を開催します。多数ご参加ください。

日時
6月23日(日)午前9時30分開始

会場
大津市勤労福祉センター(大津市打出浜)。
選手権の準決勝・決勝は30日(日)午後1時30分、同会場

種目
選手権=段級位の制限なし。
優勝者は全国大会へ派遣
▽京都新聞杯=棋力2段以下。
優勝者には京都新聞賞を贈呈

参加資格
滋賀県在住のアマチュア棋士

競技方法
予選=リーグ戦2勝勝ち抜け
▽決勝=予選通過者によるトーナメント戦(両種目)

参加料
2000円(京都新聞杯のみ、高校生以下は1000円)

申し込み・問い合わせ
所定用紙に必要事項を記入、参加料を添え現金書留で
〒520―0044大津市京町2―5―10大津神港ビル4階、
京都新聞COM事業局滋賀事業所「アマ将棋名人戦」係077(523)3134へ
(6月18日必着)
※参加料は返金しません

組み合わせ
審判立ち合いで抽選、6月22日付朝刊で発表(予定)

審判
日本将棋連盟
中尾修七段

表彰
滋賀県知事賞、大津市長賞、滋賀県議会議長賞、大津市議会議長賞、KBS京都賞、京都新聞賞

主催
日本将棋連盟滋賀県支部連合会、京都新聞

後援
滋賀県、大津市、滋賀県議会、大津市議会、KBS京都
2019年05月18日 掲載

日本の書 和歌と詩のかたち

説明 本展は、住友コレクションからかな古筆の白眉とされる「寸松庵色紙」をはじめ、料紙装飾も美しい歌切、歌会の和歌懐紙、画賛など長く書き継がれた和歌の造形を紹介します。また、漢詩文の条幅など近世に生まれた詩歌表現にも注目します。

会期
5月25日(土)~6月30日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前)。
月曜休館

会場
泉屋博古館(京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24)
列品解説
5月31日(金)と6月22日(土)実方葉子(泉屋博古館学芸課長)各日午後2時から(要入館券)

入館料
一般800円、高・大生600円、中学生350円。
小学生以下と障害者手帳提示の方は無料。
20人以上の団体は2割引き

主催
泉屋博古館、京都新聞

2019年05月18日 掲載

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

説明 20世紀初頭まで数百年間にわたり栄華を極めたオスマン帝国。
その至宝の数々がイスタンブールのトプカプ宮殿博物館から来日します。
オスマンの優美な宮廷文化をご堪能ください。

会期
6月14日(金)~7月28日(日)
午前9時30分~午後5時、
6月中の金・土曜は午後8時、7月中の金・土曜は午後9時まで開館(入館は閉館30分前)
月曜、7月16日休館(7月15日は開館)

会場
京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎公園内)

内容
オスマン帝国の象徴、トルコ語で「ラーレ」と呼ばれるチューリップは、文学や美術でも好んで表現されました。
本展では、スルタンの宝物をはじめトプカプ宮殿に残る美術工芸品の中から、ラーレ文様があしらわれた約170点を紹介します

入館料
一般1500(1300)円、大学生1100(900)円、高校生600(400)円、中学生以下は無料。
かっこ内は前売りおよび団体料金(20人以上)

主催
京都国立近代美術館、トルコ共和国大使館、日本経済新聞社、BS―TBS、京都新聞
2019年05月17日 掲載

第74回 春の院展

説明 第74回春の院展を開催します。
日本美術院同人作品をはじめ招待作品、入選作品合わせて約150点を展観します。

会期
5月29日(水)~6月3日(月)午前10時~午後8時(最終日午後5時閉場、入場は閉場30分前まで)

会場
京都高島屋グランドホール(7階)

主な出品作家
下田義寬、小山硬、福井爽人、伊藤髟耳、田渕俊夫ほか

入場料
一般800(600)円、高・大生600(400)円、中学生以下無料。
かっこ内は前売りおよび団体(10人以上)。
前売り券は京都高島屋7階チケットカウンター、京都新聞1階文化センターで販売

主催
(公財)日本美術院、京都新聞
2019年05月15日 掲載

茂山狂言鑑賞会

説明 茂山千五郎家一門による茂山狂言鑑賞会を金剛能楽堂で開催します。
夏にふさわしい演目を通して古典芸能の豊かな世界をお楽しみください。

日時
7月13日(土)午後3時開演(同2時15分開場)

会場
金剛能楽堂(上京区烏丸通中立売上ル)

演目(予定)
茂山千五郎解説「狂言・夏の風物詩」
▽「蚊相撲(かずもう)」茂山千作、茂山茂、松本薫
▽「水掛聟(みずかけむこ)」茂山逸平、茂山あきら、井口竜也
▽「神鳴(かみなり=写真)」茂山千五郎、茂山宗彦

料金
大人3000円、高校生以下2000円※税込み全席指定。
未就学児の入場はできません

チケット
京都新聞販売所、京都新聞文化センター(窓口販売のみ)、金剛能楽堂、茂山狂言会事務局

主催
京都新聞

企画・問い合わせ
京都新聞トマト倶楽部075(241)6190

協力
茂山狂言会
2019年05月14日 掲載

安珠写真展 InvisibleKyoto ―目に見えぬ平安京―

説明 京都の源流である平安京の人々は、目に見えぬ世界を信じ、平和を願ってきました。
写真家・安珠が伝承されている物語をもとに表現した作品から、千年以上前の日本人が持っていた想像力と美意識に迫ります。

会期
6月8日(土)~30日(日)午前10時~午後8時(入館は閉館30分前)
会期中無休

会場
美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

内容
伝承されている物語をひもとき、平安京を写真で表現した作品約80点を展示。
会場音楽は細野晴臣氏が担当

入館料
一般900(700)円、高・大生700(500)円、小・中生500(300)円。
かっこ内は前売りおよびファッションカンタータ入場券を提示の料金
※前売り券は各プレイガイドで発売中

主催
美術館「えき」KYOTO、京都新聞
2019年05月13日 掲載

謎の蒔絵師 永田友治 -尾形光琳の後継者を名乗った男-

説明 江戸時代中期(18世紀)に、京都で活躍した蒔絵(まきえ)師永田友治。その作品は、尾形光琳風の意匠に倣い、独自の技法を用いて漆工芸史にしっかりと足跡を残しています。しかしその実像ははっきりせず、謎に包まれています。本展では、多くの友治作品を展観し、化学分析による研究成果も交えてその魅力に迫ります。

会期
6月8日(土)~7月15日(月・祝)午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)月曜休館(7月15日は開館)

会場
MIHO MUSEUM(甲賀市信楽町田代桃谷)0748(82)3411

入場料
一般1100(900)円、高・大生800(600)円、小・中生300(100)円。かっこ内は20人以上の団体

主催
MIHO MUSEUM、京都新聞

後援
滋賀県、滋賀県教育委員会、NHK大津放送局、BBCびわ湖放送、エフエム京都、帝産湖南交通
2019年05月12日 掲載
28件中、 1件~ 10件を表示 1 | 2 | 3 |